日本の晩婚化がおこす女性のライフスタイルへの影響

子供を授かりたい女性はたくさんいます。しかし、晩婚化が進み、子供が授かりにくいことが現状です。不妊治療しているが、なかなか思うように授からない方も見えます。

晩婚化さながら、20代後半になってくると、恋愛もままならなくなってきます。
20代前半に結婚する場合、お互い「好き」と言う気持ちの感情が優先して、今後のライフスタイル云々は二の次になっていると思います。それが、20代後半や30代になってくると、年収、相手の家柄等、少し入り込んで結婚と言う文字を見ようとします。40代以降になると、大体は自分のライフスタイルが確立しているので、そこの譲り合いになるといったところではないかと思います。

出会える時期にもよりますが、女性は結婚するなら、大体の方は出産も経験したいと思っています。
でも年齢が上がるにつれ、自分のライフスタイルは確立してきたけれども、体は20代後半くらいからどんどん老化し、結果的に妊娠しずらい状況になっていきます。
最近は社会の女性進出も盛んになってきているので、結婚が遅れるのも無理はありません。そして、それまで仕事を続けてきても、妊娠出産したら、仕事を辞めざるをえなかったと言う方もたくさん見えます。そういった点でも、女性が悩まなければならない点で、晩婚化の原因になっているのではないかと思います。

日本全体がまだまだ子供を産みやすい環境になっていないと感じます。市町村等で、色々な対策を練られているところもありますが、特に働いている女性にとったら不安に感じる要素が多いところが問題だと思います。恋愛して、結婚して、妊娠して、出産してと男性に比べると、ハードルがすごく高いように感じます。歳をとれば、若い頃のように思いきることもなかなかできないだろうし、また若すぎても貯金がない等で困ることも多々あります。

今は昔と違って、恋愛、結婚する年齢層も様々なので、そういった点でもいろんな方向から結婚、出産、育児等、女性のライフスタイルについて考えていかなければならないのではないかと思います。

Categories: 婚活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>