日本で晩婚化が進む理由

日本では晩婚化が年々進んでいます。理由としては、結婚よりも仕事を選ぶ女性が増えたことや非正規・低所得化によって結婚をしてもまともな生活ができないと結婚に対して後ろ向きに考える女性が増えたこと、誰にも束縛されたくないと思う女性が増えたこと等の原因があります。女性が経済的な安定を望むのは当然ですし、男性の収入が理想より低いと結婚に躊躇するのは当然です。最近では女性正社員の転勤も男性と同様に行われるので、夫や家庭を第一に考えることができにくい状況になりつつあり、このこともまた結婚をしない理由、結婚が遅れる理由の1つでしょう。

一方で男性は草食化していると言われ、女性との恋愛を邪魔臭く考える人が増えてきました。強気な女性が一方的に自分の考えを主張するステレオタイプな恋愛バラエティ番組あるいは恋愛ドラマの影響が大きいと思いますが、女性が男性を選ぶことが主流の時代(交際するかどうかの決定権を女性が持つ時代)では女性に振られると分かっていて交際を申し込もうと思う男性は滅多にいませんし、恋愛した後に結婚をしても家庭を養っていくだけの経済力がない人が増えたので、男性全体として考えてみた場合に、女性に対し自信を喪失している状況にあります。これでは女性が結婚相手を見つけたくてもそう簡単に見つけることはできません。

国の政策として、高齢者対策ばかりに力を注いできたことや少子化問題で保育所の整備を優先してきたことも原因の1つに挙げられると思います。公的年金保険や公的医療保険が充実している先進国では独身であっても老後の心配が少なく、老後の面倒を見てくれるであろう子供を産み育てるメリットも少ないので日本同様に晩婚化が進んでいます。また経済的に安定すれば直ぐにでも恋愛をして結婚したいと思っている非正規労働者の男女の場合、国が保育所の整備や児童手当等の拡充を行ってもその恩恵を受けることができません。保育所は少なくとも結婚をして子供をつくるだけの経済的余裕がある男女への政策であって、貧困から抜け出せない男女、結婚する資金さへも貯めることもできない男女にとってはこれら政策のミスマッチがさらなる晩婚化の原因を作ることにも繋がっています。

もちろん他にも晩婚化する理由はたくさんあると思いますが、社会の様々な軋轢によって今後の日本社会はさらに晩婚化が進むと思われます。また、このまま国の政策のミスマッチが行われ続けると、女性の社会進出、男性の草食化と相まって晩婚化どころではなく生涯独身の人が激増するかも知れませんね。

Categories: 婚活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>