日本 晩婚化

日本の結婚は現在晩婚化しているとよく耳にすることがあります。なぜ晩婚化が進んでいるのでしょうか。一般的には、女性の社会進出や不況による経済的理由などと言われています。

女性が社会進出をし、いわゆる結婚適齢期の頃と仕事が楽しくなってくる頃が同じ時期にあったり、社会的地位や安定した収入がある為結婚する事に特に必要性を感じない事が考えられるのではないでしょうか。しかし、キャリアウーマンでも愛する人と幸せな家庭を築きたいと思わないというわけではないでしょう。そう思っても、もしも結婚したら今のように自由に仕事に打ち込めず、子供ができれば休職や退職を余儀なくされるそういった面から、それなら結婚はしないでお付き合いを続ける方がいいと思っている方も少なくは無いのでしょうか。

また、男性側も不況により賃金も満足な額は貰えず忙しく働くこのご時勢で、養わなくてはいけないというプレッシャーは大きいと思います。女性が働いている場合でも、結婚を現実的に考えると金銭的な面だけではなく踏み切れない点もあるように思います。

今の日本は晩婚である事が昔と比べて特に大きな問題ではなくなりました。一昔前であれば、独身でいること自体が誇れる事ではない風潮だった為、周りからのプレッシャーも大きく本人も結婚を意識するような時代だったでしょう。晩婚が特に珍しい事ではない現代では、とくに結婚に対してタイムリミットを意識しなくなったのではないでしょうか。子供が欲しい女性はある程度早く結婚したいと思うかもしれませんが、出産も昔に比べると高齢化が進んでいるのでやはり結婚する年齢、出産する年齢共に昔よりも晩年化しているのでしょう。

男性は自分ひとりを養う事は問題なくできで、女性は社会的地位と収入を手に入れたれる時代です。言い換えれば、結婚はしないで、自分のやりたい事を優先して選びやすい社会なのかもしれません。出会い系ランキングでネットからの出会いで結婚をして、幸せな家庭を築いていく方が生きやすい社会であれば結果は同じにはならないのではないでしょうか。

Categories: 婚活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>